iPhoneの進化について

iPhoneの種類は ディスプレイの変化 内部の変化 販売数の変化 リンク集 サイトマップ
Main Menu
iPhoneの種類は
ディスプレイの変化
内部の変化
販売数の変化
リンク集
サイトマップ

内部の変化

iPhoneが発売されてから10年、外見だけでなく内部についても大きく変化してきました。初代のiPhoneはビニールテープで巻かれた容量が1400mAhのバッテリーが内部で存在感を放っています。そのような重々しい機種ではありましたが、カメラの画素数は200万画素と、決して満足できる水準ではありませんでした。

しかしながら、それからiPhoneの内部は次々と進化し、バッテリーは薄型化され、駆動時間も長くなりました。現在では、明るいディスプレイと1200万画素のカメラという大変高い水準のレベルになっています。現在では、デュアルカメラを搭載したことによるARやVRの世界を楽しむことさえできています。

iPhone独自のOSであるiOSについてもiOS2.0からiOS11とかなり進化しています。そのなかでデュアルカメラが搭載されたり、バッテリーの駆動時間が長くなったりと、ユーザーが喜ぶような変化を次々と生み出してきました。

iPhoneがユーザーの心を離さなかったのも、毎年のように行われるモデルチェンジと内部技術の進歩、それに伴う外観の変化にあったとされています。これからも、iPhoneの変化が期待されています。
Copyright © iPhoneの進化について, All rights reserved.