iPhoneの進化について

iPhoneの種類は ディスプレイの変化 内部の変化 販売数の変化 リンク集 サイトマップ
Main Menu
iPhoneの種類は
ディスプレイの変化
内部の変化
販売数の変化
リンク集
サイトマップ

販売数の変化

iPhoneが発売されてから10年を迎え、世界中の多くの国の人に支持されています。特にiPhoneの変化として特出すべきは、携帯できる大きさではあるものの、パソコンやデジタルカメラ並みのスペックを誇るということです。

iPhoneは毎年のように新発売されており、現在であればiPhone8が最新機種になっています。2007年に発売されたiPhoneは世界でわずか370万台の販売台数でした。通信の都合から日本では発売されなかったという背景もあります。しかし、続くiPhone3Gは約940万台、そこからiPhone3GSについては倍以上の約2300万台ということになります。iPhone5からは一億台を突破します。その後のiPhone6からは最初の販売の販売数しか公開されていませんが、3日で1000万台を突破するなど、その勢いはとどまるところを知りません。

最新のiPhoneは有機ELディスプレイや、高性能なA11プロセッサを導入していますので、ニーズは多いものの大量生産に向かないということもあげられます。そのため、最新のiPhoneをすぐに手に入れるのであれば、予約をすることが必須になっています。
Copyright © iPhoneの進化について, All rights reserved.